SSブログ

2017-10-20 雲南省 その4 [旅]

雲南省最大の寺院である松賛林寺に参拝します。


ココでも専用のバスに乗り換えて移動。


中国によくあるこのシステムは多分現地の駐車場が手狭な為の処置のような気がします。


DSC_3816.JPG



どうも露天のおばちゃんが気になります。



DSC_3821.JPG




さて、このお寺のっけから急な階段が行く手を阻みます。




DSC_3834.JPG



DSC_3847.JPG


DSC_3848.JPG



チベット仏教なのでチベットの寺院と同じような造りですが、部屋が少ない。


チベットにはあったモノがここには無いなど多少の違いはありました。


僕にとっての一番の違いはチベットではお金払えば内部の撮影を許可してくれたのにココでは一切NGだったこと。


DSC_3849.JPG



DSC_3851.JPG



DSC_3860.jpg



DSC_3869.jpg



帰り道途中のバス停で降りて撮影タイム



DSC_3888.JPG



DSC_3904.JPG



DSC_3916.JPG


DSC_3938.JPG



午後は中国で初めての国立公園である普達措国家公園に行きましたが生憎雨が降ってきました。

DSC_3950.JPG



DSC_3952.JPG


DSC_3953.JPG




DSC_3954.JPG



DSC_3955.JPG



DSC_3956.JPG


DSC_3958.JPG



シャングリラ古城を散策して途中夕食を済ませてホテルに戻りました。


今回最後の最後で降られちゃいましたが台風があり雨予報の連続だったのにここまで降らずにこれたのよほどの晴れ男がいるのでしょう。



DSC_3978.JPG




DSC_3979.JPG



DSC_3986.JPG


DSC_3988.jpg


DSC_4012.jpg











nice!(92)  コメント(9) 

2017-10-14 雲南省 その3 [旅]

麗江古城は1997年に世界遺産に登録されました。


それ以前は陸路で入るしか交通手段が無く、何泊かしないとたどり着けない土地でした。


ですからその当時の姿の街並みが大規模で残っているということです。


でもそこは商魂激しい中国人です、今や人は住んでおらずお店ばかりの街になってしまってます。

 

が、中国の若者にとってはコレがいいのでしょう。若い人が溢れています。中国でも屈指の観光地なのだそうです。


DSC_3433.jpg





この日はまずトンパ文字博物館見学


DSC_3435.JPG



DSC_3436.JPG


DSC_3457.JPG


矢で射ぬかれたカエルの話を聞いたのですが・・・・・


内容忘れてしまいました。




コレがナシ族の女性の衣装です。


背中の7個の◎が特徴です。


これは北斗七星を意味していると聞きました。



DSC_3501.JPG



その後麗江古城見学



DSC_3507.JPG


DSC_3506.JPG


DSC_3516.JPG



DSC_3523.JPG


DSC_3540.JPG


DSC_3541.jpg


DSC_3543.JPG


DSC_3553.JPG



DSC_3566.JPG



高台に登って麗江全体を見渡します。


DSC_3583.JPG




DSC_3577.jpg


DSC_3591.jpg


〇で囲ったところが今回泊まったインターコンチネンタルです。


周りと溶け込んでいて景観に配慮されています。



DSC_3606.JPG


DSC_3609.JPG


その後陸路シャングリラに向かいますが途中で虎跳峡に寄りました。


DSC_3677.JPG


往復の階段の上り下りに自信が無い方は籠に載って行くことができます。


DSC_3689.JPG





DSC_3690.JPG



以前は川の真ん中に岩があってそこを虎が跳ねて渡ったという伝説から虎跳峡と名付けられたそうな。



DSC_3691.JPG





DSC_3694.JPG





DSC_3695.JPG






DSC_3734.JPG








DSC_3775.jpg


シャングリラ着


DSC_3795.JPG




お食事中の方はご遠慮下さい。


nice!(71)  コメント(16) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます